沖縄の家

9月も半ばになり、朝夕は随分と過ごしやすくなりましたね。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

先日、家族で沖縄旅行に行ってきました。
先ず空港からの車中で感じたのが住宅が四角い!ということです。
沖縄と言えば木造赤レンガにシーサーというイメージですが
現在は少なくなり、鉄筋コンクリートの住宅がかなりの確率を占めて
そうです。
沖縄 住宅1沖縄2

皆様は理由をご存じですか?
第二次大戦後、多くの山林が消失し木材の確保が難しく
なり、米軍から無償提供をされた規格住宅の普及、
米軍基地のコンクリートブロック建設が基地外にも建てられるよう
になりコンクリート技術が沖縄に浸透していったそうです。
また、なにより台風の災害が多く風の影響などもあり
丈夫なRC住宅が普及したと言われています。
やはり住宅はその土地の歴史や風土を踏まえて普及してくのだな…と
改めて感じました。

やはり家を建てるなら、その土地や気候を知った上でとの事ですね!
ちなみにわが社は枚方市で地域密着型の工務店です!
枚方市や交野市、寝屋川市…近隣市町村の事なら詳しく
新築・リフォーム・不動産・賃貸と家の事ならなんでも
ご相談頂けますよ!←(ちょっとアピール(^0^))

私は初めての沖縄でしたが、水族館や海水浴などなど楽しい時間を
過ごさせて頂きました!また元気にお仕事頑張りたいと思います!
image1image2  tamai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック

http://taiyo-system.jp/blog/wp-trackback.php?p=2744

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

このページの先頭へ