1. トップページ >
  2.  
  3. 不動産Q&A:不動産の価格と費用

不動産Q&A:不動産の価格と費用

不動産の売買取引は不安がつきまとうものです。少しでもお客様のお役に立ちますようとQ&A集をご用意しました。ここには載っていない件、もっと詳しくお知りになりたい方、ご遠慮なく当社までお問い合わせ下さい。

◆家を買う時に掛かる諸費用は? | ◆公示地価とは? | ◆不動産業者への仲介手数料


Q : 家を買う時に掛かる諸費用は?
A :

不動産を購入する場合、不動産の販売価格の他に数多くの諸費用が掛かります。種類も多く金額も大きいので、資金計画を立てる際には、価格以外の諸費用のことまで念頭においておく必要があります。
諸費用は、購入内容や種別により変わるので、以下の全てが必ず掛かるのではありません。ご自身の場合にはどの項目が当てはまるのか、不動産会社やハウスメーカーのご担当に確認して下さい。

1.印紙税
契約時に必ず必要です。

2.仲介手数料
売主(不動産会社を含む)から直接購入する場合は不要ですが、売主との間に不動産会社が仲介に入る場合は必要になります。一般的に、売買価格の3.15%+6.3万円と言われてますが、仲介した不動産会社ごとにも違いますので各不動産会社へご確認下さい。

3.登記代
中古の建物や土地の場合は所有権移転登記・新築の建物の場合は建物表示登記と保存登記の手続きをす る際に掛かる司法書士の報酬と登録免許税などが登記代にあたります。また、住宅ローンを組む際には、抵 当権設定登記が必要となります。

4.借入費用
銀行などから住宅ローンを借りて不動産を購入する場合、借入時に事務手数料・保証料・金銭消費貸借契約 時の印紙税などが掛かります。各銀行により金額や取り扱いが違いますので、各銀行や不動産会社などに確認して、金利なども併せた比較から一番有利で便利な銀行をお選び下さい。

5.火災保険
土地購入の場合は建物がありせんので対象外ですが、建物を購入する場合は必要になります。住宅ローンを組まずに現金で購入する方は、任意ですから購入時に加入しなくても加入時期や内容はご自身でお決め頂くことができます。住宅ローンを組んで購入する場合は、銀行が担保保全のため加入を条件にする場合が多く、なかば強制加入となります。加入内容も借入全期間の長期で、ある程度の保険金額を設定しなければなりません。

6.公課清算  
不動産売買日の当該年度に掛かる固定資産税・都市計画税を、売買日を境に清算します。
マンションの場合は、これに加え管理費・修繕積立金も日割り清算します。

7.不動産取得税  
売買完了数ヵ月後に都道府県より不動産取得税の請求が来ます。軽減措置を受けられる不動産の場合は、小額済むことも多いですが、そうでない場合は何十万円単位になりますので、注意が必要です。

8.その他、引越し代・カーテン代などの住むために掛かる費用。
水道負担金・設備負担金や測量代など土地を利用するための費用なども掛かることがございます。

《ポイント》 資金計画時には諸費用を組み込んだ計画を! 購入申込時にも諸費用を組み込んだ判断を!

TOPに戻る


Q : 公示地価とは?
A :

行政が発表する地価で、代表的なものが二つあります。それは国土交通省が発表する「公示地価」と財務省が発表する「路線価」です。
公示地価は、エリアごとに基準となる土地を決めて、土地が取引された場合にいくらで取引されるかを毎年発表するものです。
同じ土地で毎年地価を発表するのですから、去年と比べて、どの程度下がったとか上がったとかが分かります。この数字を基に、マニュアルの数字を当てはめた金額が、取引されるであろう価格になります。

もうひとつの路線価は、財務省が資産価値を計算するためにあります。名前の通り、道路に価格をつけたもので、この道路に面した土地は、いくらと計算できます。この価格を基準にする場合、注意すべき点があります。
ひとつは、相続税など時間差が出る場合に使う価格になるため、相場より安く設定されており、時価の八割と考えて下さい。もうひとつは、道路方位を考慮していない点です。北道路・南道路でも同じ道路に接していれば、同じ価格になってしまいます。
そして両方に言えることは、時差を注意し修正をすることとエリア特性などマニュアルに載っていないことを考慮することです。
標準的な価格を求めるのに、公的な数字やマニュアルは必要なものですが、人間対人間の不動産取引では、数字では表せない事柄もあります。この標準的な価格に、不動産状況を良く把握した人の意見などを反映させると、より現実的な数字になります。

TOPに戻る


Q : 不動産業者への仲介手数料
A :

仲介手数料とは、仲介会社の媒介などによって不動産の取引をしたときに、業者に支払う報酬のことです。
宅建業法では成功報酬主義が取られているので、売却や物件探しの依頼をしても、取引が成立しなければ支払う必要はありません

     ◎ 仲介手数料=物件価格の3%+6万円+消費税

TOPに戻る


Sub Contents

お問い合せ・ご相談

▲TOP