• フリーダイヤル
  • お問合せフォーム
  • 会社案内
  • 空室一覧
 

スタッフブログ

青地とはどういう土地?【不動産スタディブログ:12】

青地(あおち)というのは、公図において国有地である水路や河川敷を示すもので、青道とも呼ばれます。
公図は土地の形状や隣接地との関係が一目でわかるようになっており、赤、青、黄色、薄茶色、黄緑色などで色分けされています。この青く塗られた部分を青地、青道と呼ばれています。

青地は地番の記載がない国有地ですので、一般の宅地にはならないはずなのですが、長い年月が経つうちに水路がなくなってしまったりして、青地を含んでいる敷地に住宅が建っていることもあります。

もし、敷地内に青地を含む中古住宅を購入する場合は、青地を国から払い下げてもらう手続きを踏んだ方が無難だと言われています。
公図と現況がずれていることで土地境界線を巡るトラブルに発展することもありますので、気を付けてくださいね。


ページのトップへ
オンライン相談
電話でお問合せ
FAXでお問合せ
メールでお問合せ