• フリーダイヤル
  • お問合せフォーム
  • 会社案内
  • 空室一覧
 
  • HOME
  • >
  • スタッフブログ
  • >
  • 不動産スタディブログ
  • >
  • みなし道路とは?【不動産スタディブログ:38】
  • スタッフブログ

    みなし道路とは?【不動産スタディブログ:38】

    「みなし道路」とは、建築基準法第42条第2項の規定に基づいた道路のことです。2項道路(にこうどうろ)と言うこともあります。

    建築基準法では、建物の敷地は原則として「建築基準法上の道路」に2m以上接していなければならないとあります。
    「建築基準法上の道路」とは、道路法による道路や建築基準法が適用された際に現に存在した道などで、幅員4m以上のものをいいます。(※幅員4m以上の道であっても「建築基準法上の道路」とみなされない場合があります)

    しかし、日本では4m未満の道路も多く存在しており、この法律だけでは家が建てられない事になります。そこで、幅員4m未満の道であっても、建築基準法が適用された際に建物が建ち並んでいた道で、一定の基準を満たすものは、「建築基準法上の道路」とみなされます。
    これが「みなし道路」です。


    大阪市 敷地と道路との関係について:https://www.city.osaka.lg.jp/toshikeikaku/page/0000012002.html

    分かりやすくまとめると

    1.幅が4m未満の道であること
    2.建築基準法が適用された際にその道に現に建築物が立ち並んでいたこと
    3.特定行政庁(知事や市長)の指定を受けたことでの救済措置による道路のこと

    となります。

    こうした2項道路に面している土地については、道路中心線から2m以内には建築ができないという制限があるので注意してくださいね。

    
    ページのトップへ
    オンライン相談
    電話でお問合せ
    FAXでお問合せ
    メールでお問合せ