• フリーダイヤル
  • お問合せフォーム
  • 会社案内
  • 空室一覧
 

スタッフブログ

差し押さえとは?【不動産スタディブログ:22】

皆さんは、“差し押さえ”という言葉を一度は聞いたことがあると思いますが、差し押さえの仕組みを正確に理解している方は少ないのが実情だと思います。

しかし、債権の回収を行う場合、債権者の強力な助けとなる手続きですので、知っておくことは大変役に立ちます。

差し押さえとは、借金などの返済を怠っている債務者に対して、債権者が強制的に換金可能なものを差し押さえて取り立てを行えるようにすることで、裁判所によって決定・命令が行われます。

具体的には、債権者が競売を行う前に財産が債務者によって処分されることをあらかじめ防ぐものです。

差し押さえによって債務者の財産を拘束した上で、その財産を換価する競売などの手続きを行い、債権を回収することになります。差し押さえの対象となるのは、債務者の有する不動産、動産、債権などさまざまなものがあり、何を差し押さえるかで手続きも変わってきます。

差し押さえのメリットは・・・

① 任意に支払いを行わない債務者から強制的に取り立てをすることができる
② 強制執行前に債務者が財産を処分してしまうことを防ぐことができる

差し押さえのデメリットは・・・

① 財産のない債務者に対しては効果がない
② 財産隠しへの対策が不十分である
③ 差し押さえのできない財産がある
④ 費用対効果の点

③についての補足ですが、債務者の財産のほとんどは差し押さえをすることができますが、なかには差し押さえが法律で禁じられている財産もあります。代表的なものを挙げておきます。

・66万円以下の現金
・生活必需品
・給料・賞与・退職年金などの4分の1を超える部分(ただし、手取り額が44万円を超える場合には33万円を超える部分は差し押さえ可能)
・恩給・国民年金・厚生年金等の社会保険給付の請求権
・生活保護給付・児童福祉手当など福祉・援護・扶養を目的とする給付の請求権
・労災等の請求権
・損害賠償請求権

④についての補足ですが、差し押さえを行うには裁判所の手続費用や弁護士費用がかかります。多額の回収が見込める場合には問題はありませんが、債権額が少額の場合や回収できる見込み額が少ない場合は、債権の回収分より費用が高くなり、費用対効果が低くなってしまうこともあります。


ページのトップへ
オンライン相談
電話でお問合せ
FAXでお問合せ
メールでお問合せ