• フリーダイヤル
  • お問合せフォーム
  • 会社案内
  • 空室一覧
 

スタッフブログ

サブリース契約ってどうなの?【不動産スタディブログ:34】

サブリース契約は不動産投資における有効なアパート経営手法で、不動産管理会社がアパートのオーナーからアパートをまるごと借り上げし、それを不動産管理会社から入居者に転貸(又貸し)をするアパート管理形態です。

サブリース契約

数年前にあったアパート経営におけるトラブル以降、サブリースに対するイメージはマイナスのものがほとんどです。
しかし、サブリース契約をうまく活用することで、不動産の有効活用を実現しましょう。

アパートの管理には、「自主管理」「一般的な管理委託」「サブリース」の3つの形態があります。

①自主管理

アパートのオーナーがすべての管理業務を自分で行う管理形態ですので管理費用などが抑えられますが、自分ですべてのアパート管理業務を行わなければならず、オーナーの負担が大きくなります。

②一般的な管理委託

アパート管理業務を不動産管理会社に依頼するものです。アパート管理業務の一部を依頼する場合やその全部を依頼する場合もあります。

③サブリース

不動産管理会社がオーナーからアパートをまるごと借り上げ、それを入居者へ貸す形態です。不動産管理会社が空き部屋の有無にかかわらずオーナーに賃料を保証します。保証される賃料は実際の家賃収入のおおよそ80~90%になります。

サブリース契約のメリットは

管理事務はすべて任せられる
空室、滞納リスクの回避 安定収入
広告料・原状回復費の負担軽減
相続税対策

などがあります。

サブリース契約デメリットは

収益性が下がる
一定期間ごとの賃料見直し
免責期間の存在
入居者を選べない

などがあります。

ご自身でサブリース契約の良し悪しを判断し、アパート経営をぜひ成功させてくださいね。
不安でしたら、どうぞ気軽に当社へご相談ください。


ページのトップへ
オンライン相談
電話でお問合せ
FAXでお問合せ
メールでお問合せ