• フリーダイヤル
  • お問合せフォーム
  • 会社案内
  • 空室一覧
 

スタッフブログ

建付地とは?【不動産スタディブログ:26】

建付地(たてつけち)とは、宅地の態様のひとつです。

更地とは異なり、宅地のうえに自分の建物があり、土地と建物が同一所有者で、かつ、特に使用収益を制約する権利がなく、普通の戸建ての土地(建物の所有者は自分、土地の所有者も自分)のことです。

一般に建付地の鑑定評価においては、建物の種類等といった宅地の使用状況には関係なく、その宅地の収益や快適性の状況(最有効活用)で判断されます。

ある土地が建付地で、建物の種類が貸アパート・貸マンション・貸家などの賃貸用建物である場合は、その土地のことを「貸家建付地」と呼びます。
土地を相続する際、その土地にアパートを建てると貸家建付地に分類され、相続税の評価額が低くなり節税できるというメリットがあります。


ページのトップへ
オンライン相談
電話でお問合せ
FAXでお問合せ
メールでお問合せ