スタッフブログ

ザ・ひらかた

 

 

スタッフブログを拝見していただきありがとうございます。
こんにちは、スタッフの安井です。

先日、ある番組で「京街道」が取り上げられ枚方淀川が映っていました。
江戸時代の枚方は“京街道”の宿場町であり、また伏見と大坂を結ぶ淀川舟運の中継港でもありました。
枚方で停船しようとする三十石船に近づき、飯や汁物、酒などのを販売していた小舟が「くらわんか舟」と呼ばれていたそうです。
なぜ、その名がついたかというと、「酒くらわんか~、ごんぼ汁くらわんけ~」と客引きをしていたそうです。
また汁椀などの勘定は、器の数で料金を計算していたため、支払いをごまかすために器を川に投げ捨てる客もあり、のちにくらわんか茶椀が川底から多数発見されたそうです。

ほんの少し枚方宿鍵屋資料館の資料をお借りして説明させていただきました。資料館には、当時のくらわんか舟が展示してますので、枚方にお越しになった際はぜひ資料館へ一度お立ち寄りください。

江戸時代へタイムスリップした気分になりますよ。