HOME > 不動産豆知識 > 住まいの用語集【か行】

住まいの用語集【か行】

住まいの用語集【か行】

【あ行】【か行】【さ行】【た行】【な行】【は行】【ま行】【や行】【ら行】【わ行】

買い換え特約 | 買い替えローン | 開口部 | 買い取り保証  | 買い戻し特約 | 解約手付け | カウンタートップ | 瑕疵(カシ) | 瑕疵担保責任  | 可動間仕切り(カドウマジキリ) | 壁式構造 | 框(カマチ) | 鴨居(カモイ) | カラン | 加齢配慮 | カーテンウォール | カーテンレールボックス | カーポート | 街区(ガイク) | 合筆(ガッピツ) | ガラスブロック | ガラリ | 雁行型(ガンコウガタ) | ガーデンファニチャー | 既存住宅性能表示制度 | 既存道路 | キチッチンパネル | 給気機能付きレンジフード | 居住用財産の買い替え特例 | 切妻屋根(キリヅマヤネ) | 切土(キリド) | 逆梁工法(ギャクバリコウホウ) | 空中廊下 | 躯体(クタイ) | 管柱(クダバシラ) | 靴脱ぎ石 | クラック | くり出し窓 | クルドサック | クレセント | クローク | クローズドキッチン | グラスウール | グルニエ | 珪藻土(ケイソウド) | 結露(ケツロ) | 建築条件付き土地 | 建築面積 | 建蔽率(ケンペイリツ) | げたばきマンション | 現状有姿 | 公開空地(コウカイクウチ) | 高架水槽(コウカスイソウ) | 公示価格 | 公図(コウズ) | 勾配天井(コウバイテンジョウ) | コルクタイル | コレクティブ住宅 | 転ばし床 | コンクリートスラブ | 混合水洗(コンゴウスイセン) | コンサバトリー | コンドミニアム | コンバージョン | コンパクトマンション | コートハウス | コーナーガラス | コーポラティブハウス

買い換え特約
不動産を買い換える時、「手持ち物件が売却できない場合には、不動産の購入契約を白紙に戻し、売主がすでに受け取った金額を返してもらえる」という条項を契約に入れておくこと。
買い替えローン
(1)住宅を買い換える時、売却と購入のタイミングをうまく合わせるために、売却までのつなぎを援助する住宅ローンのこと。

(2)持ち家を売却しても、借りていたローンの残債が売却価格を上回り、ローンを返せない「担保割れ」が生じた時に、担保割れ分を補う担保抹消ローンのこと。
開口部
住宅の壁や屋根などに設けられた窓や出入り口のこと。採光、換気、通風、通行、眺望などの役目を果たす。
買い取り保証
不動産を買い換える時、不動産会社が「前の不動産が売却できない場合には不動産会社がそれを買い取る」という約束をすること。一般的に、買い取り価格は、査定額を下回る。
買い戻し特約
不動産の売買契約から一定期間が経過した後、売主が売買代金と契約の費用を返して不動産を取り戻すことができる契約解除の特約のこと。この特約は、売買契約と同時に交わし、買い戻し期間は最長10年まで。
解約手付け
売買契約を交わす時に、当事者の一方から相手方に渡す金銭を「手付(てつけ)」という。不動産会社が受け取る手付は、「解約手付」の性格を持つ。つまり、手付を渡した方が契約を解除する時には、手付を放棄し、相手方が解除する時には倍額を返す。売買契約時に買主が300万円の手付を払った後で解約する時は、買主に300万円は戻ってこない。逆に、売主が契約を解除する時は、600万円を買主に払うことになる。不動産会社が売主の場合は、手付金の額は売買代金の20%以内と定められている。
カウンタートップ
キッチンにある作業台のこと。「天板(てんいた・てんばん)」ともいう。
瑕疵(カシ)
キズや欠陥のこと。一見しただけでは分からないキズや欠陥を「隠れた瑕疵」という。
瑕疵担保責任(カシタンポセキニン)
売買の目的物に隠れた瑕疵(欠陥)があった時に、売主が買主に対して負う責任のこと。契約時には分からなかったが、「建物にシロアリが付いていた」など取得後に損害を受けた時には、買主は売主に損害賠償の請求ができる。また、瑕疵のために契約の目的が遂げられなかった時は契約を解除できる。新築住宅については、「住宅品質確保促進法」により、構造耐力上主要な部分と雨水の防水にかかる部分の瑕疵について、10年間無償で修理等を行う責任が義務づけられている。
可動間仕切り(カドウマジキリ)
部屋と部屋の境目が壁ではなく、開閉できる間仕切りになっていること。可動間仕切りを閉めれば部屋が独立し、開ければ広い空間になり、用途に応じて切り替えられる。
壁式構造
建築物の代表的な構造の一つで、低中層の住宅に使われることがある。板状の壁や床だけで構成し、柱や梁が室内に出ないため、室内を広く使える。ただし、構造上ある程度の壁量が必要なため、ラーメン構造に比べて開口部のとり方が限定されやすい。
框(カマチ)
床の間や玄関など、床の高さが変わるところに渡す化粧材や、建具の四辺を固める部材のこと。畳については畳縁を付けていない短い辺を框と呼ぶ。
鴨居(カモイ)
和室の障子や襖など開口部の上部に取り付ける、溝の付いた横木のこと。敷居(下部の横木)と対語。
カラン
水道の蛇口のこと。
加齢配慮
居住者が高齢になり、体の動きが不自由になった時でも、暮らしやすいように考えられた家や設計を指す。段差のない床、車イスでも使えるシステムキッチン、広めに作ったり手すりを付けたトイレや浴室、将来に手すりが付けられるような下地処理をしておいた壁や廊下、階段などは、加齢配慮の一例。
カーテンウォール
高層建築物に用いられる軽量の外壁。地震によるガラスの飛散を防ぐためと建物の軽量化のために開発された。
カーテンレールボックス
カーテンレールを隠すためにカーテンの上部を被う箱状の設備のこと。
カーポート
柱と梁だけで作られた、屋根付きの駐車スペースのこと。屋根のない駐車スペースもカーポートに含める場合がある。
街区(ガイク)
道路(街路)で取り囲まれた区画のこと。
合筆(ガッピツ)
「一筆」として登記されている土地を数筆に分けて登記すること。「一筆」とは、土地の単位のことで、登記簿では一筆の土地ごとに一つの用紙を備えることになっている。逆に、数筆の土地を合わせて一筆とすることを「合筆(がっぴつ・ごうひつ)」という。
ガラスブロック
中が空洞になった箱形の建築用ガラス。内部には低圧の空気が封入されているため、普通のガラスより断熱性や遮音性に優れ、インテリアとしても面白味があることから、ガラスブロックを壁面に使用する建物もある。また、採光のために玄関ドアの横に使用されることも多い。
ガラリ
ブラインド状の羽根板を平行に取り付けたもの。視線を遮り、通風をよくできるため、洗面所や浴室、クロゼットの扉に用いられることが多い。ドア下部にガラリを設置したものをドアガラリ、ドア全体に付けたものをガラリ戸、よろい戸ともいう。
雁行型(ガンコウガタ)
マンションで、各住戸を斜めにずらして建てる形式のこと。建物を上から見ると、雁が並んで飛んでいるように見えることからこの名がついた。各住戸に開口部が多くとれ、採光や通風、眺望がよくなるのがメリット。
ガーデンファニチャー
ベンチやテーブル、パラソルなど、庭園用の家具のこと。
既存住宅性能表示制度
中古住宅向けの住宅性能表示制度。住宅性能評価機関が評価し、建物の傷み具合や性能を表示した「現況検査・評価書」が交付される。評価された住宅は住宅紛争処理機関による紛争処理も利用できる。
既存道路
(1)昭和25年11月23日の建築基準法の施行時に、都市計画区域内に現存した道(後に、都市計画区域内に編入された場合は、その際、現存する道)で、幅員4m以上の道路のこと。

(2)上の(1)と同様に、建築基準法の施行時に、現に建物が立ち並んでいる幅員4m未満の道で、特定行政庁の指定した道路のこと。いずれも公道、私道を問わない。
キッチンパネル
キッチンの前に張る壁材のこと。タイルやホーローが多い。タイルは目地が汚れやすく、掃除が大変なので、最近では目地が少なく、手入れしやすいホーローやステンレスが増えている。
給気機能付きレンジフード
使用時に給気口から空気を取り入れて、排気効果を高めたレンジフード。
居住用財産の買い換え特例
売却によって生じた譲渡所得のうち買い換えに充てた金額分は、その次に売るときまで課税が繰り延べできるという特例のこと。特例の主な条件は「売却する土地・建物とも所有期間が10年を超え、本人が10年以上住んでいる」「買い換え先の住宅の床面積が50m2以上」「売却、購入相手が、親子や夫婦など特別な関係のある人以外であること」など。この特例を使うと、「3000万円特別控除」「住宅ローン控除」は使えない。
切妻屋根
本を開いて伏せたような形をしている屋根で、わが国で最も代表的な屋根形式。2方向へ雨水が流れるシンプルな形のため、建築費も安くすむ。
切土(キリド)
傾斜地等で、地面を平らにするために土を切り出すこと。
逆梁工法(ギャクバリコウホウ)
柱と梁で建物を支えるラーメン構造の場合、一般的に梁は天井の下を通るので室内に梁が出ることになるが、逆梁工法は、天井の上を通すので室内に梁が出ず、背の高い家具も置きやすい。下の階の梁が床から出っ張ってくるが、それはバルコニーの壁や窓下のカウンターとして利用され、上階の室内にも梁は出ず、リビングのサッシの高さを天井まで高くすることもできる。
空中廊下
住戸の前にある共用廊下を住戸から離し、住戸と共用廊下の間を吹抜けにして専用ポーチで結んだもの。住戸のすぐ前を人が行き交うことがないため、プライバシーの保護にメリットがある。
躯体(クタイ)
床や壁、梁など建物の構造を支える骨組み、構造体のこと。
管柱(クダバシラ)
2階建て以上の木造建築物で、2階床部で中断した上下2本の柱のこと。
靴脱ぎ石
和風住宅の玄関に置かれた、靴を着脱する時に使う石のこと。式台(座敷より一段低い板敷きの部分)に腰掛け、くつ脱ぎ石に足を下ろすと、ちょうどよい高さになる。
クラック
ヒビ・亀裂のこと。表面に生じた小さなひび割れを「ヘアークラック」、設計・施工上の欠陥によって躯体の内部から生じたひび割れを「構造クラック」という。
くり出し窓
押し出し窓とも言う。左右を開くのではなく、窓の下部を押して開ける窓。浴室やトイレ、キッチンなど小さなスペースに用いられることが多い。浴室の窓は、湿気を抜くために開け放しにされることが多いため、防犯を考慮して開き方の小さい押し出し窓にするなどの工夫をする。
クルドサック
住宅地内に居住者以外の車が入ってこないようにする道路の作り方のこと。通り抜けができないようにし、突き当たり部分をロータリーにして、進入してきた車がUターンしやすいように設計している。
クレセント
窓サッシに取り付ける三日月型の施錠器具のこと。
クローク
もともとは「外套」を指し、転じて「洋服入れ」の意味で使われる。
クローズドキッチン
キッチンの配置方法の一つ。キッチンを、リビングやダイニングなどほかの部屋から独立させるプランで、「クローズドキッチン」とも呼ぶ。料理中の煙やにおい、音などが漏れにくく、キッチン内部がリビングなどから丸見えにならないため、来客時にも雑然としたキッチン内部を見られなくてすむ。
グラスウール
断熱材の一つ。ガラス繊維の間に大量の空気を含んでいるので、断熱性・吸音性が高い。
グルニエ
屋根裏部屋を表すフランス語。アティックルーム、ロフト・アティックなどともいう。収納スペースとして想定されているものが多いが、通風や採光をとることで子供部屋や書斎、アトリエとして利用できるものもある。
珪藻土(ケイソウド)
藻類(植物プランクトン)の死骸が化石化してできた土で、無数の細孔が形成されているため、吸水性や吸湿性に優れ、調湿効果が高く、耐熱温度も高い。この性質を活かして住宅の内装材に使われることが多い。
結露(ケツロ)
空気中に含まれている水分が、建物の内部や壁面、窓ガラスなど冷たい物に触れて水滴となって付くこと。住宅内では冬期に、北側の部屋や外壁に面した押入れの中に結露が起きやすい。結露は住宅を傷める原因ともなるので、室内の換気をよくして高湿度になるのを避けたり、断熱性能の高い壁材や窓を使うと効果的。
建築条件付土地
「家を建てる施工会社が決まっており、かつ建築請負契約を結ぶまでの期限もある」土地のこと。土地の売買契約の後、3ヶ月以内に建築請負契約を結ぶのが原則。間取りについては、あらかじめ参考プランが用意されて、これを元に希望するプランを決めていくのが一般的だが、間取りの変更は基本的にできる。なお、納得のいくプランができず解約する場合は、支払い済みの手付金などはすべて返却される(これについては土地売買契約時に必ず契約書面にて確認すること)。
建築面積
建築物の建っている面積のことで、1階の床面積にほぼ等しい。建築面積は、建築物の外壁またはこれに代わる柱の中心線で囲まれた部分の水平投影面積とされている。
建蔽率(ケンペイリツ)
敷地面積に対する建築面積(通常は1階の床面積)の割合。防火や避難路、通風、採光などを確保するため、建築基準法によって建ぺい率の限度が定められている。都市計画区域内では、用途地域の種別に応じて、建ぺい率の限度が決められている。
げたばきマンション
低層部分などに店舗などが入っているマンションのこと。
現状有姿
現在の状況のままという意味で、土地建物を売買する時の契約書に「現状有姿」とあれば、契約時の状況のまま引き渡すということ。
公開空地(コウカイクウチ)
建築基準法に基づく総合設計制度の適用により、開発敷地内にある空地のことで、周囲を塀で囲わず、一般の人が利用できる空間。これにより、容積率の割り増しや高さ制限の緩和が受けられる。
高架水槽(コウカスイソウ)
ビルやマンションなどの中高層の建物で、屋上などに設置する水をためる容器のこと。中高層建築物では、一度に大量の水を利用したり、水道本管の水圧だけでは不十分になることがあるので、本管から受水槽に水を受け、ポンプで高架水槽に水をあげ、高架水槽から給水を行う。しかし、貯水槽の清掃が不十分なため水が汚れているなどの問題から、貯水槽をなくして、配水管から直接各住戸へ給水する「増圧給水直結方式」を導入する集合住宅が増えている。
公示価格
地価公示法に基づいて、土地鑑定委員会が毎年公示する標準地の価格のこと。都市計画区域内で標準的な土地を選定し、1月1日現在の価格を出し、3月下旬に公示する。公示価格は不動産取引の指標となるほか、土地の固定資産税の評価額や相続税路線価の基準となっている。
公図(コウズ)
登記所が保管している土地台帳付属地図のこと。土地の区画や地番、位置、形状等が記入されている。
勾配天井(コウバイテンジョウ)
屋根の形状等により、やむをえず部屋の中に出る天井の傾きのこと。また、特殊な目的のために勾配をつけ、傾きのある天井にする場合もある。例えば浴室の天井は、水滴が流れ落ちるのを防ぐために、天井面を伝わって流れるように勾配をつける。
コルクタイル
ポルトガルなど地中海沿岸地域で群生しているコルク樫の樹皮を、タイル状のシートにした内装材のこと。床や壁に使われることが多い。
コレクティブ住宅
独立した住戸部分と、食事やだんらんができる共同の空間を併用した住宅のこと。もともとは北欧で生まれた居住スタイルで、わが国では阪神・淡路大震災後、初めて公的住宅に取り入れられた。
転ばし床
コンクリートスラブや土間の床の上に、木造の床下地材や床組材を置いて(転ばして)仕上げた床のこと。木造床としては最も簡単に作られる床の工法。
コンクリートスラブ
床版のこと。一般的には、鉄筋コンクリート造の建築物の構造床を指し、梁や小梁と一体化して作られている。一般的にスラブの厚さは20cm以上が理想とされ、厚いほど遮音性が高い。ただし、躯体の構造によって遮音性は異なる。
混合水洗(混合水洗)
1本のレバーを調整することで水と湯を自由に混ぜられる水栓のこと。水と湯の混合比や水量の調節は簡単に行える。操作方法はメーカーによって異なり、レバーを下げると水が出て、上げると止まる方式と、その逆の方式がある。
コンサバトリー
もともとは、イギリスの植物を冬の寒さから守る温室。日本では、おしゃれなサンルームを指すことが多い。
コンドミニアム
(日本でいう分譲マンションなど)アメリカの分譲集合住宅のこと。所有権と利用権を分けて考え、所有者が利用しない時は一般の人が利用できるシステムになっている。その収益は所有者に還元される。日本では、リゾート地にある別荘をコンドミニアムと呼ぶこともある。
コンバージョン
オフィスビルをホテルやマンションにつくり替えるなど、建物の用途を変更すること。
コンパクトマンション
明確な定義はないが、専有面積がおおむね30m2~50m2程度の住戸タイプが多いマンションを指す。ワンルームマンションと異なり、ファミリータイプ並みの設備や仕様を備える。都心部での供給が多く、共働き夫婦や単身者、子育てを終えたシニア世代などを主なターゲットとする。
コートハウス
中庭(コート)を囲んだ造りの住宅のこと。言葉自体は和製英語。敷地が狭くても採光や通風が確保でき、近隣とのプライバシーも保てる。
コーナーガラス
建物の隅に、桟(さん)なしではめ込まれたガラスのこと。コーナーガラスを用いると、壁がなくなる分、採光面で優れ、室内を広く感じさせる。
コーポラティブハウス
協同組合方式によって建築する住宅のこと。複数の人が建設組合を設立し、協同して敷地の取得や建物の企画・設計、建築工事の発注等を自力で行い、住宅を取得する。