HOME > 不動産豆知識 > 住まいの用語集【さ行】

住まいの用語集【さ行】

住まいの用語集【さ行】

【あ行】【か行】【さ行】【た行】【な行】【は行】【ま行】【や行】【ら行】【わ行】

サイディング | 下がり天井 | サニタリー | サムターン回し | サンクンガーデン | 散水栓(サンスイセン) | 3000万円特別控除 | サンルーム | サーキュレータ  | サービスバルコニー | 敷居(シキイ) | 漆喰(シックイ) | シックハウス症候群 | 私道(シドウ) | 私道負担(シドウフタン) | 遮音(シャオン)フローリング | 集成材(シュウセイザイ) | 修繕積立基金 | 修繕積立金 | 収入合算(シュウニュウガッサン) | 省エネ改修促進税 | 省エネ住宅 | 省エネ対策等級 | 所得選別 | シルバーハウジング | 真壁造り(シンカベヅクリ) | シーリング材 | 自治体融資 | 地袋(ジブクロ) | 住宅金融支援機構 | 住宅取得等資金贈与の特例 | 住宅ローン控除 | スキップフロア | スケルトン・インフィル | 筋かい(スジカイ) | スタッコ仕上げ | ステップダウンフロア | スリーブ | セットバック | 接道義務(セツドウギム) | セラー | 洗濯パン | センターイン | センターコア方式 | センチュリーハウジングシステム | セントラルクリーナー | セントラルヒーティング | ゼロホルマリン | 相続時精算課税制度(ソウゾクゼイセイサンカゼイセイド) | ソフトダウンウォール | ソーラーシステム | 贈与税

サイディング
建物の外壁に用いられる板状の建材のこと。セメント系・金属系・樹脂など様々な素材で作られているが、一般的にはセメント系のものを指す。タイル風、石材風など表面の意匠もさまざま。
下がり天井
天井に梁やパイプスペースなどの出っ張りがあり、その部分だけ天井が低くなっているところ。間取り図では点線で示されている。
サニタリー
本来は「衛生的な」という意味で、住宅の中では浴室や洗面室、トイレなどを指す総称。
サムターン回し
空き巣が玄関ドアのガラス部分やすき間から手や工具を差し入れ、内側からつまみ(サムターン)を回して解錠すること。防犯対策としてはつまみを覆って保護するサムターンカバーなどがある。
サンクンガーデン
一般の道路や地盤より低い位置につくられた庭のこと。立体的な景観を楽しめたり、地下室に光を採り入れたい時に設けられる。「サンクガーデン」ともいう。
散水栓(サンスイセン)
水まきや庭掃除のための水栓(蛇口)のこと。一般的には、屋外の出入り口付近に設けられる。地中に鉄の蓋が付いた容器を埋め込み、その中に散水栓を設置することが多い。
3000万円特別控除
自宅を売却して利益(譲渡所得)が出た場合、譲渡所得から最高3000万円までの控除ができる特例のこと。自分が住んでいた住宅を売却する時に限られ、土地のみの売却は原則として対象外。現在その住宅に住んでいない時は、住まなくなってから3年目の年末までに売却しなければ利用できない。このほか、配偶者や親子、祖父母、孫など持ち主と特別な関係のある人への売却は対象外等の条件がある。この特例を使うと、「居住用財産の買い換え特例」「住宅ローン控除」は使えない。売却した前年と前々年に「居住用財産の買い換え特例」等の適用を受けていた場合も、この特例は使えない。
サンルーム
日光を多く採り入れるために、屋根などをガラス張りにして造った部屋のこと。リビングの外側に付け足すように設置されることが多い。鉄線入りガラスや透明の強化ポリエステル板などが使われる。おしゃれなサンルームをコンサバトリーと呼ぶこともある。
サーキュレーター
空気を循環させる装置のこと。冬には、室内の上部にたまりがちな暖かい空気を下部へ循環させ、夏には足元にたまりやすい冷たい空気を上部に循環させ、室温を均一にする。代表的なものに天井につけられるシーリングファンがある。
サービスバルコニー
一般的に、比較的小さい面積のバルコニーのこと。キッチンの横にサービスバルコニーが付いていると、キッチンの採光や通風がよくなるうえ、ビン類やゴミを一時的に外に出しておけるなど使い勝手がいい。
敷居(シキイ)
障子や襖など開口部の下部に取り付ける、溝やレールの付いた横木のこと。
漆喰(シックイ)
石灰に麻糸などの繊維、フノリやツノマタなどの膠着剤を加えて水で練ったもの。防火性、湿気を吸収し調節する効果が高いため、土蔵などによく使われた。現在の漆喰は化学糊を使うものもある。
シックハウス症候群
住宅に使われる様々な建材から揮発性有機化合物などの有害物質が室内に放出されることで、目がチカチカしたり、めまいや頭痛、皮膚障害などの症状が起きること。住宅の気密性が高まったことに伴い、新築住宅でシックハウス症候群が発生しやすくなったため、平成15年の建築基準法の改正で、居室に使用できる建材の規制や、24時間換気システムの設置が義務づけられた。
私道
個人の所有地を道路として築造・保持・管理して通行に使っているもの。都市計画区域内で、道路に2m以上接していない敷地に建物を建てる時には、敷地の一部を私道とし、建築基準法上の道路として市町村長や知事に認可してもらう。
私道負担
不動産取引の対象となっている土地の一部に私道が含まれている場合、この私道敷地部分を所有することを私道負担という。私道の上には、建物を建てることはできないし、私道部分の面積は敷地とならないので建ぺい率や容積率の計算から除外されるなど、土地の利用に際して大きな制約を受ける。
遮音フローリング
軽量床衝撃音を軽減するため、遮音材を組み込むなどの対策を施したフローリングのこと。表面が柔らかく、歩くとフカフカした感触がある。
集成材
製材された板あるいは小角材などを乾燥し、節や割れなどの欠点の部分を取り除き、繊維方向を揃えて接着剤で接着して作る木質材料のこと。天然材に比べ、強度や寸法安定性、耐久性に優れ、湾曲した材料も製造できるなどの特徴がある。
修繕積立基金
修繕積立一時金ともいう。将来の大規模修繕に必要な資金をまかなうために、入居時にまとまった額の修繕金を集めること。
修繕積立金
マンションを長期間、維持・保全するために、定期的な修繕を計画し、その計画を実施するために積み立てていくお金のこと。区分所有者(専有部分の持ち主)は、毎月の管理費とは別に修繕積立金を管理組合に支払う。
収入合算(シュウニュウガッサン)
住宅融資を受ける際、融資を申し込む本人の年収だけでは収入基準に足りない場合、配偶者や父母、子どもなどの収入と合わせること。収入合算できる人の範囲や条件は金融機関によって異なる。
省エネ改修促進税制
リフォームローン等を借りて、一定の省エネ改修工事を含む増改築を行った場合、ローン年末残高(1000万円が限度)の一定割合を、5年間所得税額から控除する制度。増改築した住宅に平成20年4月1日から平成20年12月31日までの間に居住すること等の条件がある。
省エネ住宅
住まいの断熱性・気密性を高めることで、生活を維持するのに必要なエネルギーを少なくするよう工夫された住宅。平成11年に告示された省エネルギー法に基づく住宅の断熱性能・気密性能等の基準(省エネ基準)では、全国を6地域に分けそれぞれの地域に最適な断熱方法の基準などが示された。
省エネ対策等級
住宅性能表示制度により、建物の断熱性能など省エネルギー対策の度合いを示す等級。全国を6地域に分けて等級1~4で表示。等級4は次世代省エネルギー基準に対応する。
所得選別
前年の所得によって融資の適用金利が異なること。
シルバーハウジング
高齢者向けの設備や構造を備え、緊急通報システムなどが組み込まれた集合住宅のこと。原則として単身高齢者、夫婦のみの高齢者を対象とし、10~30世帯に1人の割合で高齢者に対する処遇に習熟したライフ・サポート・アドバイザーを配置する。
真壁造り(シンカベヅクリ)
和風建築に使われている伝統的な壁の構法の一つ。構造躯体として使う柱を表面に露出させ、柱と柱の間に壁を納める方式。柱が空気に触れるため、防腐面ではメリットがあるが、耐久性を上げるための筋違い(すじかい)を入れにくいのが難点。
シーリング材
マンションや一戸建てのサッシ窓の外回りや、プレハブ材の接合部、建築物の目地回りに充填するゴム状物質、合成樹脂などの総称。油性コーキング、弾性シールなどがある。
自治体融資
住民の住宅取得を促すため、都道府県や市町村が助成する融資のこと。助成方法や融資額は自治体によって異なり、大きく分けると、(1)指定の金融機関を斡旋し、自治体が金利の一部を負担する「融資斡旋」、(2)指定の金融機関を利用すれば金利の一定割合を半年単位などで補給してくれる「利子補給」、(3)自治体が各年度の予算から利用者に融資する「直接融資」、の3種類がある。融資を受けるための条件は自治体によって異なる。また、融資制度のない自治体もある。
地袋(ジブクロ)
違い棚の下などに、地板に接して設けられた小さな袋戸棚のこと。
住宅金融支援機構
平成19年4月に住宅金融公庫より移行した独立行政法人。自立的経営のもと、主に「フラット35」の供給を支援する証券化支援業務を行う機関。このほか、災害復興住宅融資など民間金融機関では対応が困難なケースについては、直接融資業務も行う。
住宅取得等資金贈与の特例
平成17年12月31日までの時限立法で、現在は施行されていない。一定条件を満たせば父母から住宅取得資金の贈与を受ける時には「相続時精算課税制度」が利用できる。
住宅ローン控除
正式には「住宅借入金等特別控除」。住宅ローンを借りて住宅の購入、新築、増改築をし、平成20年中に居住した場合、ローンの年末残高(2000万円が限度)の一定割合が、一定期間にわたり所得税から控除される。控除の主な条件は、金利1%以上の住宅ローンを返済期間10年以上で借りていること(親や親戚などからの個人的な借入金は対象外)、取得する住宅の登記簿面積が50m2以上など。控除の手続きは、購入翌年の確定申告で行う。
スキップフロア
(1)住戸内に、中2階のような半階分ずらした居室を設けること。住戸内に上下の段差を生じることで、各居室の独立性を持たせる。「ステップフロア」ともいう。
(2)マンションなどで、エレベーターの停止階を1~2階おきにする建築方式のこと。エレベーターが停止しない階の住戸は、階段を上り下りして住戸に向かう。この場合、共用廊下を作らなくてよいため、住戸の面積を広げることができ、両面バルコニーも可能となる。採光・通風に優れ、独立性が高まりプライバシー確保に有効。
スケルトン・インフィル
SI(住宅)ともいう。スケルトンとは建物を支える構造駆体のこと、インフィルとは住宅の間取りや内装のこと。最近では耐久性の高いスケルトンと、住まい手のライフスタイルの変化に応じて容易にリニューアルできるインフィルを明確に分け、時代の変化に対応できる社会的に長持ちできるスケルトン・インフィル型分譲マンションが見かけられるようになった。またスケルトン方式とは、スケルトンを分譲し、購入者が自由に間取りや内装を決められる方式のこと。
筋かい(スジカイ)
地震や大風など横からの力に対して建物の耐力を高めるために、柱と柱の間に斜めに渡す補強材のこと。
スタッコ仕上げ
建物の外壁などの表面にモルタルや合成樹脂を吹き付けて仕上げること。特殊なこてで塗り付けたり、吹き付けた後、表面が軟らかいうちにローラーで押さえたりして、表面を凹凸のある状態にすることが多い。
ステップダウンフロア
フロアの一部分を下げて空間を演出する方式。例えば、ダイニングとリビングの境に段差をつけて、どちらかを低くすることで間仕切りの効果を出す。
スリーブ
冷暖房器具のホースの取り付け口のこと。
セットバック
都市計画区域内で建物を建てる時に、建築物を道路の境界線から一定の距離だけ後退させること。具体的には、次の3種類のケースがある。(1)前面道路が幅員4m未満の場合の宅地に建物を建てる時は、道路の中心線から2m以上後退する。道路の反対側が崖や川などの時は、崖側の道路の境界線から4m以上後退する。(2)壁面線が定められている道路に面している宅地に建物を建てる時は、その壁面線まで後退する。(3)建築基準法上の道路斜線制限によって、中高層建築物の一部を後退する。
接道義務
都市計画区域内で建物を建てる時に、その敷地は原則として幅員4m特定行政庁が幅員6m以上を道路として取り扱う区域は6m以上の建築基準法上の道路に2m以上接していなければならないと定めていること。
セラー
地下室や食料品やワインを貯蔵する場所のこと。
洗濯パン
防水性の高い材料で作った排水口を持つ皿状の受け台のこと。洗濯機を置くための防水パンを「洗濯パン」という。
センターイン
マンションの間取りで住戸の中央部分に玄関を設けたタイプのこと。廊下を短くすることで室内の有効面積を広げたり、両面バルコニーにしたりしやすい。Public(LDKや客間など公的な空間)と、Private(寝室や浴室、洗面所など私的な空間)を分離しやすいメリットがある。
センターコア方式
キッチンや浴室、洗面室、トイレなど水回りの設備を住戸の中心部にまとめた間取りのこと。水回り部分が居住空間を仕切る形になり、ほかの部屋の独立性が高くなる。
センチュリーハウジングシステム
建設省(現国土交通省)が昭和55年度から「住機能高度化推進プロジェクト」の一環として進めたもので、昭和63年に(財)ベターリビングがセンチュリーハウジングシステム認定事業としてスタートした。居住空間を変えやすくしたり、住宅部品等の点検・取り替えをしやすくしておいて、長期にわたって快適に居住できる住宅のこと。頭文字をとって「CHS」と略される。この考えは住宅金融支援機構の高規格住宅に生かされている。
セントラルクリーナー
住戸内に1カ所、大型の吸引式掃除機を設置し、部屋や廊下につながるパイプを設置、その差し込み口にホースをセットすると、吸引されたゴミが掃除機本体にたまる仕組みの集中式掃除設備のこと。ゴミ処理が簡単で室内の空気を汚さず、音が静かなことがメリット。
セントラルヒーティング
地下室や屋上、機械室などにボイラー等を設置し、各室にパイプを通して暖房する中央式暖房システムのこと。
ゼロホルマリン
シックハウス症候群が起きないように、有害なホルムアルデヒドを含まない建材のこと。
相続時精算課税制度
65歳以上の親から20歳以上の子に贈与する場合に、通算で2500万円までの贈与について贈与税が非課税となり、それを超える部分に一律20%の贈与税がかかるという制度。将来、相続が発生した時点で、相続財産に贈与額を合算して相続税の形で精算する。なお、一定条件を満たす住宅の購入等のための贈与であれば、親の年齢制限がない「住宅取得等資金贈与の特例」を利用できる。いずれも贈与を受けた翌年に贈与税の申告が必要。
ソフトダウンウォール
目の高さまで引っ張って降ろせるキッチンの吊り戸棚のこと。
ソーラーシステム
太陽熱を利用して、冷暖房や給湯を行うシステムのこと。太陽熱を吸収する集熱器とその熱で水を湯に換えて貯蔵する蓄熱槽、熱を取り出す機械など、比較的大きな設備を利用するソーラーシステムを「アクティブソーラー型」、自然のエネルギーを人工的に熱に転換せず、簡単な装置で建築物内に貯蔵したり、工夫して良好な屋内熱環境を作り出すソーラーシステムを「パッシブソーラー型」という。
贈与税
資産を無償で贈与された時、基礎控除額110万円を超えた分に対してかかる税金のこと。贈与税の課税方法には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあり、贈与を受けた翌年に贈与税の申告をして、どちらかを選択する。なお、親から住宅取得等資金の贈与を受ける場合、一定の条件に合えば3500万円まで非課税となる「住宅取得等資金贈与の特例」も利用できる。